「ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー」

, , 「ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー」 はコメントを受け付けていません。

PS4で発売されたゲームの中でも、もっともおかしなゲーム、

そのゲームのタイトルは、ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダーです。

このゲームのどこがおかしいのか、それはその世界観と設定です。

このゲームは、1960年代を舞台としているのですが、

その1960年代は、我々の知っているそれとは大きく違います。

何が違うのか、それはこの時代において、

まだドイツ第三帝国が存在しているところです。

この世界におけるドイツ第三帝国の力は物凄く、

全世界を支配しています。

それだけならまだしも、巨大ロボットを作ったり、

月面に巨大基地を作ったり、やりたい放題です。

そんなスーパーナチスに主人公であるブラスコヴィッチが

喧嘩を売るゲーム、それがウルフェンシュタイン ザ ニューオーダーなのです。

そういうゲームなので、このゲームは全体的にハチャメチャです。

コールオブデューティのような真面目系ゲームではありません。

その世界観につっこみを入れながら、何も考えずに楽しむゲームなのです。

ちなみに、このゲームの内容ですが、

今時のFPSゲームにしては珍しく、体力の自動回復がありません。

(正確にいうと少しだけありますが、放置しても体力全快にはなりません)

なので、体力を回復するためには、

回復アイテムを積極的にとっていかなくてはいけません。

さらに、主人公は単独で戦うことが多いので(基本的に友軍はいません)

それも相まって、かなり珍しいバトルシステムになっています。

これも、このゲームの特徴だと言えるでしょう。

とんでもない世界観を持つ、非常にぶっとんだゲーム、

それがこのウルフェンシュタイン ザ ニューオーダーです。

そういうゲームが好きなら、一度はやってみるべきでしょう。