「ウェイストランド 2 ディレクターズカット」

, , 「ウェイストランド 2 ディレクターズカット」 はコメントを受け付けていません。

グラフィックは微妙だけど奥が深い世紀末ゲーム、

そのゲームのタイトルは、ウェイストランド2 ディレクターズカットです。

このゲームの特徴は、ままならなさとゲームの奥の深さにあります。

基本的に、ゲームの主人公というものは万能です。

なので、どんな困難な問題でも解決する事が出来ます。

しかし、このゲームの主人公は決して万能ではありません。

それは、たいして強くないという意味でもそうですが、

それ以上に、全ての問題を解決する事が出来ない、

なにをしても犠牲者が出てしまう、

不完全な主人公という意味でそうなのです。

このゲームでは、どちらかを選択するというシーンがいくつも出てきます。

その際、選択によってどちらかの問題を解決する事が出来ても、

もう一方はどうにもならない、悲劇で終わってしまう、

そういうことがままあります。

この、ままならなさと選択がこのゲームのキモだと言えるでしょう。

また、ゲーム内容も、

単純に力押しをするだけでクリアできるほど甘くはありません。

この辺は、ディヴィニティというゲームに似ていますが、

ファンタジーゲームであるディヴィニティとは違い、

このゲームは世紀末ゲームなので、銃はあっても魔法はありません。

魔法でさくっと体力回復が出来ないので、

ディヴィニティよりもさらに難易度が上がっています。

その意味で、ディヴィニティよりもさらに頭を使う、

奥の深いゲームであると言えるでしょう。

世紀末の世で、主人公ではないただの人間たちが

必死になって生き延びていくゲーム、

それがウェイストランド2 ディレクターズカットです。

主人公が万能でなんでも解決できる、そういうゲームに飽きた人に

オススメ出来るゲームだと言えるでしょう。